Igor Sushko - Racing and Beyond, featuring Super GT and formula racing

Follow Igor Sushko's career as a racecar driver at the world stage. In 2006, Igor raced in the first ever Nissan Skyline GT-R to compete in a professional racing series in North America. In 2007, Igor competed in two series in Japan: Super Taikyu with Nissan Fairlady Z and Formula Challenge Japan - a high-downforce light-weight formula car. In 2008, Igor continued development in the FCJ series and managed many podiums in Super Taikyu C-3 Nissan Fairlady Z for H.I.S. Travel and Okabe Jidosha. In 2010, he was with Team Taisan in Porsche 911 GT3R in SUPER GT GT300 in Japan, securing a pole position at the Suzuka Pokka round of SUPER GT. He was the architect of the technology innovation platform with OGT! Racing #90 Porsche 911 GT3 Cup in partnership with Freescale Semiconductor in 2012. In 2013, the Freescale Racing program moved up to SUPER GT with R35 NISSAN GT-R GT3.
イゴール・スシュコのレーシング・ドライバーとしての生活についてのウェブサイトです。2006年はイゴールはアメリカ初、日産スカイライン・GT-Rを権威のあるワールド・チャレンジ・GT・シリーズで参戦しました。2007年はS耐久・C-3・ニスモNissanフェアレディZとFormula Challenge Japan(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)のシリーズでレースしました。 2008年度はまたFCJでレースドライバーとしての上達をしながらスーパー耐久C-3でH.I.S.旅行と岡部自動車と共にNissan Zで多数の表彰台を掴みました。 2010年はSuper GT GT300でTeam Taisan Porsche 911 GT3Rでレースしました。 2012年はOGT! Racing #90よりポルシェ・カレラ・カップでフリースケール・セミコンダクタと共に次世代技術開発に取り組み, 2013年はSUPER GTにて日産GT-R GT3でFreescale Racingとして技術開発を続きました。 応援よろしくお願いします!

Tuesday, January 22, 2008

Video: Overview of 2007 Formula Challenge Japan

This 7 minute video provides an overview of my season in FCJ this year.

I strongly recommend the Windows Media version, as it has much better resolution. Right click on the video once it has began to play and select "Full Screen" under the "Zoom" option.

Alternately, the Flash 8 version is also available in higher resolution than what is available at YouTube.



2007年度のフォーミュラ・チャレンジ・ジャパンでの参戦のビデオです。イゴール・ スシュコは1号車、H.I.S. 旅行 スポンサー、のドライバーでした。

フォーミュラチャレンジ・ジャパン(FCJ)は、2006年、トヨタ、ニッサン、ホンダのグローバル自動車メーカー3社が協力して創設した新しいジュニア・フォーミュラカーレースである。その理念は「世界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘と育成」および「日本のモータースポーツの裾野を広げ将来を支える人材の育成」という点に置かれて いる。
 世界のトップレベルで活躍する選手は、若いうちに数多くの経験を積んで成長している。 その成長を助けるのが自動車メーカーを中心に設けられている各種のレーシングスクールとスカラシップ制度である。日本でもメーカー別にドライバーの育成システムが設けられてきたが、FCJはそのメーカーの枠を超え、実戦を通してより高度な育成を行うために 実現したカテゴリーだ。
  FCJでは、あくまでもドライビングテクニックに焦点を置いたトレーニングを行うため、参加車輌はワンメイクであるばかりか、独自の改造を一切禁じた管理下に置かれる。モーターレーシングにおいて、道具であるレーシングカーの性能はセッティングの差も含め勝敗を決する大きな要因だ。しかしFCJでは敢えてその差をなくしてレースを行う。
  その結果、ドライバーのテクニックが浮かび上がり、分析と訓練の効率が上がると共に、 優劣も明らかになる。
 シリーズを通して優秀な成績を収めた選手には、上位カテゴリー(F3相当)へステップアップするためのスカラシップが与えられる。開催初年度であった06 年の成績優秀選手は、2人が全日本F3選手権へ、1人がフォーミュラ・ルノー英国選手権へステップアップを果たした。FCJは若いレーシングドライバーが腕を磨き、その才 能を証明してトップカテゴリーへ進出するための近道なのである。(-FCJ 公式サイト)

2 Comments:

  • At 8:22 PM, Anonymous Anonymous said…

    Igor,
    What gives man?
    You make me watch the entire 7 & 1/2 minutes with no gratuitous clips of your adoring beautiful female motorsport fans?
    Shame on you,
    Your friends in CA

     
  • At 2:36 PM, Blogger ToyotaMan said…

    Igor,

    You have come along way from Lampton Circle to the winners circle. I have been watching your driving career improve over the last couple of years and I have to say "proud of you"! Your Japanese is also quite good! Whats up with the blonde hair? Keep the pedal to the metal and all other cars in the review. See you in the winners circle.

     

Post a Comment

<< Home