Igor Sushko - Racing and Beyond, featuring Super GT and formula racing

Follow Igor Sushko's career as a racecar driver at the world stage. In 2006, Igor raced in the first ever Nissan Skyline GT-R to compete in a professional racing series in North America. In 2007, Igor competed in two series in Japan: Super Taikyu with Nissan Fairlady Z and Formula Challenge Japan - a high-downforce light-weight formula car. In 2008, Igor continued development in the FCJ series and managed many podiums in Super Taikyu C-3 Nissan Fairlady Z for H.I.S. Travel and Okabe Jidosha. In 2010, he was with Team Taisan in Porsche 911 GT3R in SUPER GT GT300 in Japan, securing a pole position at the Suzuka Pokka round of SUPER GT. He was the architect of the technology innovation platform with OGT! Racing #90 Porsche 911 GT3 Cup in partnership with Freescale Semiconductor in 2012. In 2013, the Freescale Racing program moved up to SUPER GT with R35 NISSAN GT-R GT3.
イゴール・スシュコのレーシング・ドライバーとしての生活についてのウェブサイトです。2006年はイゴールはアメリカ初、日産スカイライン・GT-Rを権威のあるワールド・チャレンジ・GT・シリーズで参戦しました。2007年はS耐久・C-3・ニスモNissanフェアレディZとFormula Challenge Japan(フォーミュラ・チャレンジ・ジャパン)のシリーズでレースしました。 2008年度はまたFCJでレースドライバーとしての上達をしながらスーパー耐久C-3でH.I.S.旅行と岡部自動車と共にNissan Zで多数の表彰台を掴みました。 2010年はSuper GT GT300でTeam Taisan Porsche 911 GT3Rでレースしました。 2012年はOGT! Racing #90よりポルシェ・カレラ・カップでフリースケール・セミコンダクタと共に次世代技術開発に取り組み, 2013年はSUPER GTにて日産GT-R GT3でFreescale Racingとして技術開発を続きました。 応援よろしくお願いします!

Tuesday, August 14, 2007

More photos in the gallery



More photographs have been added to the racing gallery.

Visit the main page here: AF Photo Gallery

Or see the new photos: FCJ Fuji.

0 Comments:

Post a Comment

<< Home